昼キャバは、お昼頃から営業を始めるキャバクラです。

これに対し、早朝からお店を開け始める朝キャバや、19時頃からお店を開け始める夜キャバがあります。
一般的に、「キャバクラ」と言えば夜に営業を開始する夜キャバのことを指しています。そして、それと区別するために、朝キャバや昼キャバという呼び方がされるようになったのです。

朝キャバも昼キャバも夜キャバも、営業時間が違うだけで、あとは全部一緒です。どれもキャバクラなので、お店で受けられるサービスに違いはありません。
ただ、営業時間が違うので、夜は飲みに行けない理由がある人にとっては、夜キャバよりも昼キャバの方が遊びに行きやすいでしょう。

昼キャバでは、お店が開くのが昼からというだけで、その他は夜キャバと同じように遊ぶことができます。
店内に入れば夜キャバとあまり違いを感じませんが、同伴をする時やアフターをする時は、外がまだ明るいので、そういう時に夜キャバとの違いを感じるようになります。
居酒屋は夜から営業を開始するお店が多く、それに比べると昼間からお店を開けているところは少ないです。そのため、昼からお酒を飲もうと思ったら、昼に開いている居酒屋を探すか、お酒を買って来て自宅で飲むかという方法を選ぶしかありません。しかし、昼キャバに行けば昼間からお酒を飲むことができます。
そのため、夜に働いていて昼間しか遊べる時間がないという人でも、昼キャバに行けば女性と話をしながらお酒を飲むことができるのです。また、タイプの女性がいたら指名をすることができますので、指名で通ってタイプの女性との親密度を深めることも可能です。

イチ押しリンク

カテゴリー
  • カテゴリーなし
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
    Search
    Archives